VISAカードの特徴とは?気になるシェアはどのくらい?

 

クレジットカードと言えばVISAカードと言われるくらい、VISAカードは日本でもとても有名なクレジットカードです。

 

VISAカードのシェアは世界の51%を占めていると言われており、世界で一番使えるクレジットカードです。

海外旅行のときにも、とりあえずVISAカードを持っていけばショッピングには困りま せん。

日本でもクレジットカードと言えばVISAカードと言われるくらい身近になるクレジットカードだと言えます。

 

プリペイドやデビット機能のあるVISAもあるので、クレジットカードを使えなくても大丈夫です。

 

JCBの特徴を解説!日本で人気の理由とは?

 

JCBカードは、日本初の国際ブランドです。

 

主にアジア圏でよく使われますので、欧米ではあまり馴染みありません。

だから、なかなか使いにくいこともありますが、海外から日本語でサポートを受けることができるのは強みですし、日本が発行しているだけあってサービスもきめ細かいので人気です。

欧米に旅行に行くときには向きませんが、台湾やシンガポールなどに行くときにはぜひ利用してください。

また、JCBはアメリカン・エキスプレスと提携しているので、アメックス対応のお店でも使えます。

 

ステータスの高さで選ぶならアメックス

 

アメリカン・エキスプレスは、他のクレジットカードよりもステータスが高いと言われています。

 

例えばレストランや空港のラウンジなどでも、アメックスを所有していたらVIP扱いになりますので、他のクレジットカードよりもずっと恩恵があります。

ただし、その分年会費がかかりますので、それ以上のサー ビスを受けたい方やVIP待遇をして欲しい方であれば所有する価値があります。

 

また、JCBと提携しているので、JCB加盟店でも利用できます。

使用するときにはお店の人に事前確認しましょう。

 

どのクレジットカードがいいのか迷ったら?

 

VISAアメックスJCBもそれぞれ特徴がありますので、どのクレジットカードにしようか迷っている人もいるでしょう。

 

使い勝手が良いのはVISAやマスターカードになりますので、クレジットカード初心者はまずはそれを手にするといいでしょう。

 

ただ、海外出張が多いビジネスマンや、留学する予定のある学生などはアメリカン・エキスプレスの方がお勧めです。

アメックスは海外で強いクレジットカードなので、日本にいるとその凄さがなかなかわかりませんが、持っておけば周りの反応も扱われ方も断然に違ってきます。